ヤコウガイ&浦上壮年団

うがんどぅ〜さ!!
きゅぅや、2件べり紹介しんにょ!
たーつとも日曜日ぬくとぅだりょん

①ヤコウガイ講習会&細工作り
e0027219_20304399.jpg 奄美博物館し ありょたんど。
 日本がまだ貴族による支配の時代。その頃の装飾品には螺鈿(貝細工)が多く使われている。その時代身分の高さを表す装飾品で、それを身につけている事自体がステータス!!もっぱら現代のデザイナーズブランド品と言えるや。
 今も高級かつ手に入らないブランド品は海外物が多いが、その時代国内でヤコウガイを捕れないため海外(中国・東南アジア)から輸入していたと考えられていた。
だがしか〜し、そうも言えないようだ!!
 最近の調査によると、その昔、時を同じくしてここ奄美の遺跡からは他の南西諸島には無いヤコウガイの貝塚が発見されている!!
 すごい!すごい!日本の南限(亜熱帯の北限)として色々な産物を本土に送っていたなんて!!ヤコウガイロマンス!!ホントに奇麗です。写真にはヤコウガイよりナイスガイの方が大きく映ってるが!!
 この説明は「夜ネヤ・・・」でも順レギュラーでやってもらっている学芸員の高梨さんのもの!若干ワンが湾曲させてるかもしれんが・・・

②浦上壮年団レクレーション
e0027219_2114319.jpg 同じ日曜日浦上では壮年団のレクがあった。通常グランドゴルフをしているが、その日は雨だったのでどうせ卓球かな・・・と思った。この表現と上記からも分かるとおりワンはレクに行かんかった。でも、きちんと夜の打ち上げには行ったど。
 ワンが公民館に着いた頃(まだ夕暮れ)みんな既に酔っぱらいだった!!昼間っから飲み始めたらしい・・・。レクはワンの予想を裏切り"ダーツ"だった!!おっしゃれー!!
 普通では面白くないので(ルールが分からんから)賭けダーツ!!一口100円。それでみんな飲みだしたらしい。
 ワンが合流して20分ほど経った。やっと落ち着いたち思ったら、今度は中シンが卓球で勝負!!と卓球台を準備し始めた。またまた"普通は嫌よ"とばかりに、特別ルールを考え始めた。“しりとり卓球”・・・しかし、みんなまわってるので良い案が出ない。
結局、これになった3の倍数の時だけアホ打ちになる"世界のナベアツ卓球"
ナベアツ恐るべし!!日本の奄美でオモロー!!

e0027219_2164315.jpg


 ナベアツ卓球で優勝した アホな2人と金一封と焼酎
[PR]
by samogari | 2008-06-03 21:10 | 浦上町