田検はやっぱりスゴイど!!

え~みなさん どぅくさし いもりゅん?!
あ~そですか!!なによりです。

最近宇検から遠のいていましたが・・・大島郡民大会で近くなりました。
ちいうのが・・・7月7日大島地区大会が奄美群島全域で行われ、ワンが高校からやっているハンドボールが今回宇検村であります。そのこともあって先週から週2回宇検村にハンドボールの練習のため通っています。ちなみにガーリックもアニョも大島高校ハンドボール部出身。

ワンが宇検に住み始めた平成9年から宇検にハンドボールチームをつくり、今もなお宇検村代表として出場しています。立ち上げ当時からいるメンバーには、「ハブマンショー」の奄美二世の里帰り亮太郎アニョ役のアキラ(現在村会議員)も現役でがんばっとります!!

おとといは練習こそ無かったが、村選手の結団式があったため急いで宇検へ向かった。中央公民館へ着くと同時に式が終了!!
その足でまた名瀬まで帰るのもいやだった。監督とギーと宇検食堂で飯を食い、親戚の家へ顔を出し、アキラの家ヘ向かった。家に入るとビックリ!!前村長夫婦と唄者の石原久子さんが座っていた!!!すぐ帰るつもりが・・・なかなかそうもいかない面子!
※石原久子さんは真吾の先生


e0027219_23113212.jpg ワンが来てから30分もしないうちに、近所の人達が集まってきて唄あすびになりました。
さすが宇検です。唄が出ても違和感ない!待ってましたとばかり。
朝花から一通り~よいすら節のところでワンが「生まれぶやあてぃも・・・・」で唄うと、石原さんが「待ったい待ったい!その前から唄わんば」ち言って、「うや(親)はがれ・・・・」を唄い、ワンは唄い直しに!!!
 すごい!すばらしい!!こういう人だから、教え子があーゆー人なんだ!と理解しました。
というのは、歌詞の流れを大事にしてるのです。歌唱力もさることながら、唄者は歌詞の意味はもちろん、歌詞の繋がりが大事。と言ってるのです。やっぱり、古くから(ステージではなく、唄で遊んでいる時代)の唄者は言うこと違うねぇ~と感動した日でした。

 石原さんは終始こう言いました。「浦上に住んでるんだったら、前山真吾がいるからあれに習いに行け、私のすべてを教えたから」。ワンは素直に「ハイ」と言いました。


 ■えー皆様、渦中のサモガリの事件ですが、近いうちに詳細明らかに致します。しばらくお待ちください。
[PR]
by samogari | 2007-06-27 23:13 | 宇検村